6.JPG

エルエスエイチアジア奨学会は、新大久保駅で身を挺して人命を救おうとした故李秀賢(Lee Soo Hyun)氏の思いを受け継ぐために、御両親の発案から始まった奨学会です。2015年の同会主催の講演会では1983年の設立以来、日韓の文化交流に尽力してきた日韓文化交流基金の理事長が、今を生きる日韓の若者たちにメッセージを送られていました。その後の交流会にて私も、日韓国交正常化50周年を迎えた両国のこれからの50年をいかに作っていくのかをお話させていただきました。その際の韓国の高校生や各国から日本語学校に来ている留学生たちの、希望と使命感に満ちたまなざしは、日韓の未来が明るいこと感じさせてくれました。