「論座」における連載企画「日韓の断層を埋めるために」の第2回「韓国に対する輸出規制の論理は破綻している」を発表いたしました。最近、日本において韓国に対する反発が強い余り「韓国がなぜ怒っているのか」という理由付けが省略されてしまい、感情的な対立になっていると感じています。まずは相手の主張に賛同はしなくとも、構造を理解することが対話の第一歩ではないでしょうか。お時間のある際に、どうぞ御一読いただきたく思っております。