「論座」における連載企画「日韓の断層を埋めるために」の第1回「徴用工判決をあらためて複眼的に捉える」を発表いたしました。現在の悪化した日韓関係は様々な理由付けはなされているにせよ、徴用工問題が根本にあることは間違いありません。しかし、韓国における論理について日本でほとんど理解されずに対立が深まっている状況があります。問題を双方から見ることで、事態が少しでも好転し、対話が進むようにと願い論考を執筆してみました。お時間のある際に読んでいただければ幸いです。