7月初めに大きな話題になった世界遺産登録への経緯を、①勧告発表から登録決定まで、②幕末から現代までという視野をもって捉え直した論考「世界遺産登録に見る歴史への向き合い方」を発表しました。後編は週明け27日に配信されます。短期的な視野で日韓の軋轢を高めるのではなく、長期的な視野で理解を深める契機にして欲しいとの思いを込めてみましたので、お時間がある時に目を通していただければ嬉しいです。