WEBRONZAにて、「潘基文・国連事務総長の発言は誤りか?―今こそ虚心坦懐に」という論考を発表しました。8月26日に行われた潘氏の発言は形式的な部分が注目され、中身そのものについては十分な検討がなされませんでした。その点を考えていただく機会になればと、文章まとめてみました。