WEBRONZAにて「法の成り立ちから集団的自衛権を考える―日本はどう向き合うべきか?」との論考を発表しました。国際法上の集団的自衛権の扱い、あるいは集団的安全保障との相違や両者の課題など制度の歴史的経緯から検証を加えてみました。時事的な事柄に対して、原則に立ち返ることの重要性を指摘したものとなっています。お時間がありましたら、目を通していただければ幸いです。