WEBRONZAに先日、安倍首相が今年8月に談話を発表すると発言されたことをテーマに「安倍談話は「普通の感覚」を取り戻す好機―日韓の首脳は、一部の支持に固執するのか、多数派の思いに従うのか―」との論考を発表しました。現在のいがみ合いの印象が強い日韓関係を越えるために、談話に何が求められるのかを考えてみました。お時間のある時に目を通していただければ嬉しいです。