新潮社から出版した拙著『涙と花札-韓流と日流のあいだで』の初版残部が僅かとなりました。同書に対して、佐藤優氏は著書『知性とは何か』の中で、数ページにわたって取り上げて下さいました。また、新刊『柔らかな海峡』を執筆する以前からの日韓両国に関わる問題、あるいは韓国人の行動の背景を、私の人生を通じて明らかにしています。僭越ながら同書は、日本人の知らない韓国人の深い所にある思いが分かる本です。御関心のある方は、是非今の内にご購入下さいませ。