WEBRONZAにて「著書『柔らかな海峡』執筆後記」の前編および後編を執筆いたしました。単に本が売れているということではなく、「その状況が日本社会のどういった心情を表しているのか」そして「私や関係者の方々がどのような思いを込めたのか」が分かる内容になっています。同書を読む前でも後でも、執筆後に私が感じた思いに触れていただければ、新たな視点も生まれるのではないでしょうか。どうぞ、目を通してみて下さい。