WEBRONZAにて論考「トランプ大統領を生んだ怒りの正体」を発表いたしました。トランプ大統領の就任式の演説は、アメリカ第一主義を強く印象付けるものでした。しかし、それは第二次世界大戦後の国際的な蓄積を崩しかねないものでもありました。そうした主張を生んだアメリカの背景を検討した論考となっています。どうぞ、お時間のある時に御一読いただければ幸いです。