WEBRONZAにて論考「金正男氏暗殺で、北朝鮮を崩壊させてもいいのか-日本と韓国がとるべき方針とは?」を発表いたしました。マレーシアの国際空港にて白昼、猛毒の化学兵器が用いられた事件でしたが、その事件を受けての反応として北朝鮮の崩壊が語られることも少なくありません。もちろん、同国が危険な国であることは間違いないのですが、そうした発言にどれだけ将来的な展望があるのか、というと不安が広がるのも事実です。そうした現状について、検証を加えた論考となっています。お時間のある時に目を通していただければ幸いです。