WEBRONZAにて論考「空爆後のシリアで目指すべき到達点はどこか?-内戦収拾への行方を不透明にしたトランプ政権」を発表しました。トランプ大統領のシリア空爆を契機に、シリアをはじめ国際的な支援、および軍事介入の意義について、そもそもの原点に向き合ってみました。表面上ではない、問題の理解に繋がれば幸いです。2回にわたって配信される論考となりますが、お時間のある時に目を通していただければ嬉しいです。