連載「民主主義と歩む韓国―4人の大統領の物語」の第6回「革命政権と5・16クーデター」が配信されました。4月革命で民主党が政権を握った韓国でしたが、僅か1年後に朴正煕ら若手将校がクーデターを起こします。その中で、朴正煕と金大中は韓国現代史の渦の目のような存在になっていくのです。当時の韓国人が何を求め、その2人はどう行動していったのかを書かせていただきました。お時間のある時に御一読いただければ幸いです。