WEBRONZAにて「安重根の思いを日韓が知る時、東アジアの未来は開ける」を発表しました。これは、安重根が獄中で執筆した『東洋平和論』や『自叙伝』に関する分析を元に、最近、菅官房長官の発言で注目された安重根の真意を伝えようとしたものです。日本ではなぜ、彼がそうした判断を行ったのかが余り知られていないため、その背景を解説しています。お時間がある時にご覧になっていただければと思います。